スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
毎日一緒に居る事が当たり前過ぎて



僕は君の大切さに気づけなかったんだ。



朝も昼も夜も一緒に過ごしてくれた君






私を側で支えてくれた君を僕は傷つけてボロボロにした・・・そしてとうとう永遠のお別れの日がやってきてしまった





今更気づいても仕方ないけど


本当にごめんなさい・・・






君はいつもドアの前に立っているから


よく足蹴りをしてしまったけどそれに耐えれなかったのかな・・・と思ってた








でも君が亡くなった後


寿命が5年だって初めて昨日知ったんだ・・・







君が仕事が出来るように汚名返上の為にも、私はかじかむ手を握り締めて何度も火の中水の中頑張ったわ




でも君の体温は取り戻せなくて・・・冷たいまま何も反応してくれない






助けられる人は私しかいなかったから



電気ショックを4時間与えてみたけれど、それでもだめで



悔し涙が出てきたのを覚えてる・・・









ねぇ・・私これからどうすればいい?











悔やんでも君は帰ってこない事はわかってるから



・・・せめて最後にこれだけは言わせて









あのさ・・・














何故君は糊粘土製造機になってしまったの?


君が居ないと夜中欲求不満で私まで死んでしまうんだから・・・栄養失調で








私はごはんを求めてたの。

決して粘土も求めちゃいなかった


どうして食べ物じゃないものを作るの?


8合のお米を返して



そしてさっさとゴミ捨て場に君を置いてきた私を許してね。




今までありがとう  そしてさようなら





P、S このお話はノンフィクションであり私が毎日お世話になった炊飯器をテーマにしたお話です。8合ご飯を炊いてやっと炊飯器が故障したことに気づいて・・あまりにショックだったため書かせて頂きました。

なのでマビとはまったく関係ありませんが数日イン出来ない環境の為暇なので書いてみた所です。最後まで読んでくださった方どうもありがとうございました♬



































スポンサーサイト
【 2008/02/04 02:55 】

| mabinogi | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ゾンビよ・・さらばまた会う日まで | ホーム | 演奏会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://happy59angel.blog99.fc2.com/tb.php/18-89df4f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。